温泉達人がこだわりの温泉をご紹介 温泉生活

温泉生活 FAQ お問い合わせ サイトマップ

温泉の豆知識

入浴方法

正しい入浴方法を学びましょう

温泉地に行くと気分も開放され、広い湯船に勢いよく飛び込みたい気分になります。しかし、せっかく疲れた身体を癒しに行くのですから、そのような心臓に多大な負担をかける入り方ではなく、あらかじめ正しい入浴方法を身につけておきましょう。

かけ湯

入浴前には必ずかけ湯をしましょう。かけ湯には身体の汚れを落とすだけでなく、入浴前の身体を温め、心臓などへの負担を減らす意味があります。まず、心臓から遠い足先からゆっくりかけ湯をし、徐々に腰、上半身を温めましょう。ほんのりと身体全体が温まったたら、いよいよ入浴です。

入浴

湯船に入る際には、必ず源泉投入口を確認し、投入口から一番遠い湯尻から入りましょう。これにより、かけ湯で落とせなかった汚れがすぐに湯船から流れ落ち、湯船の衛生が保たれるだけでなく、身体を湯船で一番温度の低いところで湯に慣らすことができるのです。この際にも、一気に肩まで浸かるのではなく、かけ湯と同じように足から腰、上半身と徐々に慣らしながらゆっくりと身体を沈めていきましょう。

温度

温泉にはそれぞれの温度があります。あるところでは、熱い源泉をそのまま投入していたり、少し冷ましてから投入していたりいるところもあります。おすすめは、少しぬるめの温泉にゆっくりと浸かる方法です。身体に負担をかけずに、ゆったりとした気持ちでたっぷりと温泉を味わいましょう。

入浴時間

せっかく温泉に来たのだから、湯には長く浸かろうと思うかもしれませんが、浸かる時間にも気をつけましょう。特に成分の濃い温泉では、いきなり長く浸かると肌が荒れたりする原因にもなりますので、湯治のような場合を除いて、無理のない入浴を心がけましょう。

湯上り

温泉からあがる際には、良く身体を流しましょう。温泉の成分を流してしまうのはもったいないと思うかもしれませんが、温泉成分は入浴中に皮膚に働きかけたり浸透したりしていますので問題ありません。また、鉄泉や硫黄泉などを流さずにおくと、衣服や装飾品に染みがつく原因にもなります。