温泉達人がこだわりの温泉をご紹介 温泉生活

温泉生活 FAQ お問い合わせ サイトマップ

温泉の豆知識

温泉の定義:温泉法

温泉法とはどのような法律か?

日本国内では、温泉は、「温泉法」という法律によって規定されています。

----温泉法・第二条----

この法律で「温泉」とは、地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、別表に掲げる温度又は物質を有するものをいう。この法律で「温泉源」とは、未だ採取されない温泉をいう。
一 温度(温泉源から採取されるときの温度とする。)摂氏二十五度以上
二 物質(左に掲げるもののうち、いづれか一)溶存物質(ガス性のものを除く。)、遊離炭酸、リチウムイオン、ストロンチウムイオン、バリウムイオン、フエロ又はフエリイオン、第一マンガンイオン、水素イオン、臭素イオン、沃素イオン、ふつ素イオン、ヒドロひ酸イオン、メタ亜ひ酸、総硫黄、メタほう酸、メタけい酸、重炭酸そうだ、ラドン、ラヂウム塩

---- 以上 ----

源泉の採取地点で25℃以上の水温さえあれば、鉱物イオンを含まないただのお湯でも、法律上は温泉と認められるのです。これが単純泉です。これをクリアするためには、水温が上昇する地中深くボーリングし、25℃以上のお湯を掘り当てさえすれば良いのです。

また仮に水温が25℃未満であっても、温泉法に列記された溶解物質の条件のうち、いずれかひとつを満たせば温泉と呼ぶことができます。ここで問題があるのは、温泉法で掲げられた19品目の物質が必ずしも医学的に効能が証明されているものでは無いということです。そのため、法律上は温泉と言えないが、19品目以外の鉱物を含んだ「鉱泉」が、鉱物が何も含まれていない単純泉よりも効果が期待できるケースが実際に存在するのです。